指輪にかかる費用|結婚指輪は相場とよく使われるダイヤモンドなどの素材を考えて選ぶ
ウェディング

結婚指輪は相場とよく使われるダイヤモンドなどの素材を考えて選ぶ

指輪にかかる費用

結婚

書面上で確約ができる結婚とは違い、婚約の確証として贈られる婚約指輪には大きな意味があります。そのため、戦後高度経済成長期からバブル景気にかけてウエディング市場の急速な西洋化に伴い、婚約指輪を贈る人も増えてきました。バブル景気の頃は、テレビコマーシャルの影響などで、給料の3か月分という高級な指輪が送られましたが、現在では平均価格は30万円から40万円で落ち着いています。さまざまなジュエリーブランドが安定的にダイヤモンドを供給する体制を作ったためこのような値段での提供を可能にしたことも理由の一つです。 婚約指輪と男女の結婚指輪をセットにしたセットリングもあり、50万円から60万円程度で販売されています。

婚約指輪が人気の理由は、やはりプロポーズをする際に必要不可欠なものであり、一生に一度のものだからです。最近ではさまざまなジュエリーショップが婚約指輪を提供しており、憧れの象徴としても位置付けられています。 最近ではオリジナル性の高いセミオーダー方式の婚約指輪など、そのバリエーションが豊富になってきています。ジュエリー工房などで手作りすることができたり、プロポーズではプロポーズ用の指輪を用意しておき、後日男女二人で相談して買うこともできるからです。このような取り組みは、プロポーズでのサプライズの演出がありながらも、女性にとっては自分の好きなデザインの婚約指輪を選ぶことができますので人気の理由の一つです。